FX口座開設するのにお勧めの会社

FXという商品で売買をする以上は、口座に預けている資金が大きなポイントになる事も多々あります。やはり預けておく金額は、大いに越した事はありません。なぜならその金額が多い方が、リスクが回避できる事もしばしばあるからです。
以前に私は、あるFXの会社による公式サイトを見たことがあります。そのサイトには、とても興味深い内容が記載されていたのですね。独自の方法で売買ができるシステムがあるのですが、十分な資金が口座に入っているかどうかが大きなポイントになるのだそうです。
その会社の場合は独自の方法で売買ができますが、それはかなり安全性は高いようなのですね。その会社が独自で考えたシステムになっているのですが、リスクはかなり低いものなのです。
ところが、強制損切りになる確率もゼロではありません。現にその会社のシステムを用いて、強制損切りになってしまっている事例も過去にあったのだそうです。もちろん投資をしている方々としては、それだけは避けたいですね。
それでその会社は、ある時にデータを集計してみました。そして上記の口座に預けているお金次第では、その強制損切りが回避できている事例が多々ある事がわかったそうです。
その会社の場合、100万円目安になります。つまりその会社に100万円を預けて自動的なシステムを用いた方々の場合は、強制損切りが発動される確率が低くあったそうです。ところが100万未満の金額の方々の場合は、その発動率がかなり高かったようなのですね。ですので、やはり口座に預ける金額は多いに越した事は無い訳です。
そして上記の話のポイントですが、そのFXの会社の公式サイトにその点が明記されていることですね。つまり公式サイトに目を通してみると、思わぬ有益な情報が得られる事もある訳です。ですのでその金融商品での売買を考えているのであれば、やはり公式サイトには目を通しておく方が良いでしょう。それで売買に関するヒントが得られるケースも多々あるからです。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:00:30

移動平均線を見ていかにタイミングよくトレンドに乗れるかがFXの勝利の決め手といえるわけですし、チャートを見るときは移動平均線の方向を見ることに注目しているのですが、必ずどこかで勢いが止まるからそこをなんとかしてわからないかと思い一生懸命分析してきました。
そうしてチャートに一定の法則がないか探っていると鉄板といえるほどのパターンはまだ見つからないものの、再現の可能性が高そうなものがわかってきて最近では検証だけでなく手法として取り入れつつあり、それは移動平均線やローソク足のサイクルに気をつけるというシンプルな方法です。

 

サイクルというものはFXだけでなくもっと前から様々な投資で参考にされているもので、有名なものでいうと一目均衡表の26日を重視するようなものが知られているけれど、FXでも私独自の分析でトレンドの勢いが持続する法則をなんとなく感じています。
相場の心得で数々の名言を残してきたギャンが天文学をヒントにサイクル分析していたように、私も為替相場に合いそうな数値がないか色々と試してみると、最近の相場ではフィボナッチ数列がマッチしている感じがします。

 

考えてみれば移動平均線の期間設定の数値でも5や13や21はたくさんのトレーダーが使っているくらい人気ですし、分析方法として十分根拠があると思うからローソク足の本数も上げと下げでその数値でカウントするのがトレンド転換を読むコツなのかもしれません。
私はトレンド相場で勢いがなくなってきて次の伸びへの前段階のために力をためているとチャートを解釈したときは、ローソク足の本数にこのフィボナッチの数値を基準にして上げ相場なら押し目買いしていて、最近の相場では近い本数に収まっているからなかなか良い感触です。

 

戻りを拾うのはトレンド相場で大事といえる一方で、拾う場所に関しては今ひとつ明確な基準がないからチャートを見たときのフィーリングだけで今までやってきたけれど、こうしてサイクルを意識した転換の予想をしたら入りやすくてストップも置きやすいから、テクニカルとオカルトの混ざった分析方法でもFXが格段にやりやすくなりました。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:00:30

一番大きな値幅を狙えそうなブレイクアウト後のポジションの取り方はFXでトレンドフォローをするときの理想形ですが、いつそんなパターンが現れるかというのはあまりピンとこなかったから、直近の壁になるところを抜けたらすぐにエントリーしていたらダマシに釣られることが多かったです。
でもそうして傷を負いながらもくじけずにチャートを見ているとちゃんとしたブレイクには特徴があって、ただレンジ相場から抜けるだけではその方向についていく取引方法を行うと成功率が低く、成功するパターンは価格の波が狭くなっていった後でした。

 

上下に綺麗なレンジを描いているときは本当にその場に留まっているだけでトレンド発生の兆しというものはなく、数時間内に動きそうなときは15分足で値幅が徐々にトライアングルの線で上下を抑えたような形になり、それこそがブレイクアウトの予兆だと見抜けるようになったのです。
これを知ってからはまず典型的なレンジ相場からちょっとはみ出た程度のダマシですぐにエントリーすることはなくなりましたし、ブレイクアウトの場所が予想できるので保ちあいが狭くなるまでじっと待てるようになったから損切り貧乏という悪い癖が治りました。

 

見ていくとトライアングルの線の上と下が交差するすぐ手前がダマシじゃない本当のブレイクアウトになることが多いから、これをいち早く見つけるためにFXをするときは常にチャート上に目立つ価格同士を繋ぐラインを引くことを心がけています。
もっと前の地点で価格が放たれても一旦戻ったあとにはやっぱりトライアングルが交差する場所で何らかの動きが期待でき、この方法は結構他のトレーダーからも意識されているからこうした現象が起こるのかもしれないと感じ、ただのパターンではなくて投資家の心理が働いているのかもしれません。

 

レンジの波が狭くなってからエントリーしていることでいい条件でポジションを持つことができますし、新たなトレンドの根元をつかむことが出来るのはその後の追撃を積むときにも安心感があって心強いです。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:00:30